クヌギ
クヌギ

クヌギ

  • Sawtooth Oak
  • ブナ科コナラ属
  • 日本

昆虫が集まる木

名前の由来は国木(くにき)が訛りクヌギとなったと言われている。また昔はクヌギの実を食べていたことから食の木(くのき)が訛りクヌギになったという説もある。
昔は薪炭材や、葉が畑の肥料として利用された。現在では、建築材、公園樹、シイタケ栽培の原木とうに使われている。
夏にはクヌギの樹液を求めて、カブトムシやクワガタ、オオスズメバチ、カナブンなど様々な昆虫が集まってくる。

Insect gathering tree

It is said that the origin of the name became an acacular trees (kuniki). There is also a theory that the tree of eating (Kuunaki) became accented and became ogre because it used to eat the fruit of the oak.
In the past, firewood charcoal material and leaves were used as fertilizer of the field. Currently it is used for building materials, park trees and logs for shiitake cultivation.
In the summer, various insects such as beetle, stag beetle, beetle and beetle, canaven and others are gathering for the sap of the oak tree.